「0歳からの小学校受験」に寄せられたご家庭からの声

0歳児のお母様の声

待望の子どもが生まれました。女の子です。
妊娠7か月で仕事を辞め、出産の準備をする間、頻繁に本屋に立ち寄り、幼児教育の本を立ち読みしました。そんな中にこんなにもたくさん小学校受験や、幼稚園受験に関する本があるのか、と最初は驚きました。

結婚後もずっと仕事を続けていると、子どもを欲しいとは願っていても、なかなか「子どもを育てる」ことに専念し、ずっとそのことだけを考え続ける、ということがピンと来ていませんでした。
どんな本を読んでも、早い時期から教育をするのが良い、というふうに書かれていて、本の中には0歳児から通わせる教室の案内や広告がびっしり。実際に、こんなにたくさんの両親が、自分の子どもの教育のため、何年も先の幼稚園受験や小学校受験のために、時間とお金を割いているのなだあ、、と思うと、果たして自分に同じことができるだろうか?と心配でした。
出産が近づくうちに、そんなことは忘れてしまい、ひたすら無事に生まれることだけを考えるようになりました。そして、出産。

いろいろなことを考えると、やはり仕事への復帰も真剣に考えないといけない、と思いながら、今までは自宅でのんびりとして娘を育てていましたが、少し育児に慣れてきて、娘を連れて買い物に出かけ、また本屋を覗くと・・・思い出してしまいました。
私が、こうしてのんびりとしている間にも、娘と同じ月齢の子どもが、お母さんと一緒に幼児教室に通っている???さすがに、目の前の娘を見ながら、そういうことを考えると、焦りの思いも出ていたところに、この「0歳からの小学校受験」というサイトを見つけました。
読み進めていると、妊娠していた頃に立ち読みした「0歳から幼児教室に通わせると効果がある」のような本を、かなり疑問に思うようになりました。

私達夫婦も、娘への良い教育を願って、私立小学校に進学させたい、というようなことを話しています。でも、早い時期から人任せにせず、まどか先生が書いているように、家庭での生活を大事にして、きちんと親子で暮らすことこそが大切なのだ、と教えられました。



「0歳からの小学校受験」に寄せられたご家庭からの声